100PROJECT NAGAKUTE

PROJECT 003

防災キャンプ

2017年12月28日

防災訓練を楽しくやろう

我が家は、家族で時々キャンプに行きます。河原なんかでキャンプをするので、生活に困らないくらいの道具は揃っています。
キャンプ道具は、いざという時の避難グッズにもなるものばかり。
日常使いなれた道具だったら、万が一にも慌てずに済むし、非常時にもちょっとした安心になるもの。
地域で開催している避難訓練は、学びにはなりますが、正直「楽しそう」と足が向くものじゃなかったり。
それぞれが今ある避難装備を持ち寄り、キャンプしながら、もしもの備えをみんなで考えたら楽しく学べるんじゃない?と思ったのがきっかけです。

体育館だと思って泊まってみた

宿泊する場所として、長久手市蟹原にあるSIENA COFFEE FACTRYをお借りしました。天井が高く、床は固くて、まさに体育館。
各自、家庭で用意している防災グッズや非常食を持参して夕方に集合。
また、ビニール袋に食材を入れ、沸かしたお湯に浮かべて調理するパッククッキングも体験しました。
「何かクッション性のあるものがないと、とても床で寝られない!」
「非常食、美味しい!」
「やっぱり温かいものが食べられるといいね」
などと話しながら、市からの防災に関する情報をシェアしたり、簡易トイレを実際に設営したら、仲が狭くてビックリしたり。
また、SPORTS AUTHORITYイオンモール長久手店長より、家族で使いやすいテントを持ってきていただき、みんなで設営体験。他にも、災害時にも役立つグッズなどもご紹介いただきました。
非常時という目線でアウトドアグッズを選択すれば、趣味も災害時に役立つものになるというのを実感しました。

リニモテラス公益施設(仮称)にもあったら良いな

いつ起きてもおかしくない災害。
実際に災害の拠点となる場所、また、いざという時の備えを、楽しみながら考えられる場があると、お互い助け合えるコミュニケーションも生まれ、より安心して暮らせる街になると感じました。

INFORMATION

2017.09.04 ホームページを公開しました。

こちらの事業は長久手市くらし文化部
たつせがある課(0561-56-0641)が推進している事業です。

(C) 2018 100Project Nagakute,Nagakute City.